言語聴覚士 資格試験情報


医療・介護・福祉の資格試験情報(HOME) > 言語聴覚士  国家資格 か行の資格

言語聴覚士の資格試験情報

資格の種類

国家資格

資格の概要

言語聴覚士は、高齢社会や交通事故の多発、疾病構造の変化にともない、言語聴覚の専門職として厚生労働大臣が認定する国家資格です。

言語聴覚士の仕事は、
医師をはじめ他の専門家と連携しながら、音声・言語機能や聴覚に障害をもつ人たちに対して、機能回復や機能維持向上のための適切な訓練(言語訓練など)、これに必要な検査や助言、指導、援助を行うことです。

資格取得方法

年1回実施される「言語聴覚士国家試験」を受験し、合格すれば資格が取得できます。

受験資格

[1] 大学に入学できる者またはそれに準ずる者で、文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所で3年以上必要な知識・技能を修得した者

[2] 大学、高専、文教研修施設もしくは養成所において2年(高専は5年)以上修業し、指定する科目を修め、指定の施設で1年以上必要な知識・技能を修得した者

[3] 大学、高専、文教研修施設もしくは養成所において1年(高専は4年)以上修業し、指定する科目を修め、指定の施設で2年以上必要な知識・技能を修得した者

[4] 大学(短期大学を除く)で指定する科目を修めて卒業した者

[5] 大学(短期大学を除く)を卒業した者で、指定の施設において2年以上必要な知識・技能を修得した者

[6] 外国の言語聴覚士に関する学校を卒業、または外国で同様の免許を受けた者で、厚生労働大臣が [1] 〜 [5] に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めた者

[7] 法施行の際(平成10年9月1日)、言語聴覚士として必要な知識・技能を修得させる学校や養成所で知識・技能の修得を終え、または現に言語聴覚士として必要な知識・技能を修得中で、法施行後に終えた者

試験内容

試験科目は以下になります。

・基礎医学
・臨床医学
・臨床歯科医学
・音声・言語・聴覚医学
・心理学
・音声・言語学
・社会福祉・教育
・言語聴覚障害学総論
・失語・高次脳機能障害学
・言語発達障害学
・発声発語・嚥下障害学
・聴覚障害学

試験日

毎年1回実施(2月中旬)

第12回言語聴覚士国家試験
平成22年2月20日(土曜日)

試験地

北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

受験手数料

35,700円

合格発表日

平成22年3月25日(木曜日)午後2時

合格率

・54.5%(第 9回:受験者数 2,323人、合格者数 1,266人)
・69.5%(第10回:受験者数 2,574人、合格者数 1,788人)
・57.3%(第11回:受験者数 2,347人、合格者数 1,344人)

合格基準

第11回言語聴覚士国家試験データ

配点を1問1点、合計199点満点とし、120点以上を合格とします。

資格試験対策
学習方法

受験資格にある学校または言語聴覚士養成所で学びます。

講座・スクール情報

-

お問合わせ先

財団法人 医療研修推進財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目22番14号 ミツヤ虎ノ門ビル4階
TEL:03-3501-6515

このページのtopへ

医療資格・介護資格・福祉資格一覧  サイトマップ(すべてのページ一覧)  資格試験スケジュール

あん摩マッサージ指圧師
医療事務
医療秘書
衛生管理者
介護支援専門員
介護事務
介護職員基礎研修
介護福祉士
看護師
看護助手
管理栄養士
義肢装具士
救急救命士
きゅう師
ケアマネジャー

言語聴覚士
高齢者コミュニケーター
作業療法士
産業カウンセラー
歯科衛生士
歯科技工士
歯科助手
視能訓練士
社会福祉士
獣医師
柔道整復師
手話技能検定
手話通訳士
助産師
診療放射線技師

精神保健福祉士
調剤薬局事務
登録販売者
認定ベビーシッター
はり師
福祉住環境コーディネーター
福祉用具専門相談員
ホームヘルパー1級
ホームヘルパー2級
保健師
薬剤師
理学療法士
臨床検査技師
臨床工学技士
臨床心理士

このページのtopへ

Copyright (C) 2010.02.13〜 医療・介護・福祉の資格試験情報 All Rights Reserved.