助産師 資格試験情報


医療・介護・福祉の資格試験情報(HOME) > 助産師  国家資格 さ行の資格

助産師の資格試験情報

資格の種類

国家資格

資格の概要

助産師は、生命の誕生に立ち会える感動的な職業です。

具体的には、妊娠から出産までの母子の健康のために、妊産婦に対する保健指導、出産時の介助、出産後の新生児や乳児のケア、育児相談などを行います。

助産師は医師と同じように法律で開業権が認められているため、助産院を開業して活躍している人もいます。
産科医不足で、妊婦の受入れを断るケースもあり、助産師への期待は大きいです。

資格取得方法

年1回実施される「助産師国家試験」に合格すれば、資格が取得できます。

受験資格

看護師国家試験に合格した者、
保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者または同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するもの

[1] 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校において1年以上助産に関する学科を修めた者(平成23年3月18日(金曜日)までに修業する見込みの者を含む。)

[2] 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者(平成23年3月18日(金曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)

[3] 外国の助産師学校を卒業し、または外国において助産師免許を得た者であって、厚生労働大臣が [1] または [2] に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めたもの

[4] 保健師助産師看護師法および看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成21年法律第78号。以下「改正法」という。)の施行の際(平成22年4月1日)現に改正法による改正前の保健師助産師看護師法(以下「旧法」という。)第20条第1号に該当する者

[5] 改正法の施行の日(平成22年4月1日)前に旧法第20条第1号に規定する学校に在学し、施行日以後に同号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に同号に規定する学校に入学し、当該学校において6月以上助産に関する学科を修めた者を除く。)

試験内容

[1] 基礎助産学
[2] 助産診断・技術学
[3] 地域母子保健
[4] 助産管理

試験日

2月下旬。年1回の実施。

第94回助産師国家試験
平成23年2月17日(木曜日)

試験地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

受験手数料

5,400円

合格発表日

平成23年3月25日(金曜日)午後2時

合格率

・94.3%(第90回:受験者数 1,621人、合格者数 1,529人)
・98.1%(第91回:受験者数 1,722人、合格者数 1,690人)
・99.9%(第92回:受験者数 1,742人、合格者数 1,741人)
・83.1%(第93回:受験者数 1,901人、合格者数 1,579人)

これまでの試験の助産師 合格率はこちらから

合格基準

■第93回助産師国家試験
一般問題を1問1点(74点満点)、状況設定問題を1問2点(60点満点)とし、次の合格基準を満たす者を合格とする。
総得点:81点以上/134点

資格試験対策
学習方法

看護系大学などを卒業するか、
看護師免許取得もしくは看護師国家試験受験資格取得後、指定の学校や助産師養成所で学びます。

講座・スクール情報

-

お問合わせ先

■地方厚生局または地方厚生支局

■厚生労働省医政局医事課 試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL:03-5253-1111

このページのtopへ

医療資格・介護資格・福祉資格一覧  サイトマップ(すべてのページ一覧)  資格試験スケジュール

あん摩マッサージ指圧師
医療事務
医療秘書
衛生管理者
介護支援専門員
介護事務
介護職員基礎研修
介護福祉士
看護師
看護助手
管理栄養士
義肢装具士
救急救命士
きゅう師
ケアマネジャー

言語聴覚士
高齢者コミュニケーター
作業療法士
産業カウンセラー
歯科衛生士
歯科技工士
歯科助手
視能訓練士
社会福祉士
獣医師
柔道整復師
手話技能検定
手話通訳士
助産師
診療放射線技師

精神保健福祉士
調剤薬局事務
登録販売者
認定ベビーシッター
はり師
福祉住環境コーディネーター
福祉用具専門相談員
ホームヘルパー1級
ホームヘルパー2級
保健師
薬剤師
理学療法士
臨床検査技師
臨床工学技士
臨床心理士

このページのtopへ

Copyright (C) 2010.02.13〜 医療・介護・福祉の資格試験情報 All Rights Reserved.